メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルで学ぼう

家族の絵本、ソフト手助け 3世代で協力、子供の創造力育む

3世代で協力して「家族の絵本」づくりに取り組んだ=浜松市中区の浜松こども館分室で8月

 「物語を作る」ことを通じて、子供たちに創造力を発揮してほしい。タブレット型端末上で絵本を作るソフトを使って、子供の表現活動を支援する取り組みを、絵本ソフト制作者の朝倉民枝さんらが続けている。研究者団体「日本子ども学会」の学術集会「子ども学会議」の関連行事として今夏、祖父母、父母、子供の3世代が協力して家族の絵本を作るワークショップが浜松市で開かれた。テーマは「未来の家族へのメッセージ 伝えるバトン絵本」。7家族が参加した取り組みを紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1643文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  5. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです