メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルで学ぼう

家族の絵本、ソフト手助け 3世代で協力、子供の創造力育む

3世代で協力して「家族の絵本」づくりに取り組んだ=浜松市中区の浜松こども館分室で8月

 「物語を作る」ことを通じて、子供たちに創造力を発揮してほしい。タブレット型端末上で絵本を作るソフトを使って、子供の表現活動を支援する取り組みを、絵本ソフト制作者の朝倉民枝さんらが続けている。研究者団体「日本子ども学会」の学術集会「子ども学会議」の関連行事として今夏、祖父母、父母、子供の3世代が協力して家族の絵本を作るワークショップが浜松市で開かれた。テーマは「未来の家族へのメッセージ 伝えるバトン絵本」。7家族が参加した取り組みを紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1643文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです