メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

J1、来季から優勝すれば総額21億5000万円 ビッグクラブ創出へ

昨季のチャンピオンシップで優勝した広島の選手たち。「強化配分金」の新設に伴い、リーグをけん引するクラブは生まれるか=三浦博之撮影

上位4チームへ強化配分金/レベルアップと活性化狙い

 Jリーグが攻勢に打って出る。2017年からJ1のクラブに支給する資金を大幅に増やすことを決めた。計画では優勝チームが総額21億5000万円を手にする。外国人選手の獲得など強化費用に充てることで競技力向上とリーグの活性化を図る狙いだ。【大島祥平、丹下友紀子、谷口拓未】

この記事は有料記事です。

残り2021文字(全文2180文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです