メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千代ケ崎砲台跡

一般公開…首都防衛、夢のあと 横須賀

公開された千代ケ崎砲台跡を見学する参加者ら=神奈川県横須賀市で2016年10月25日午前10時55分、小川昌宏撮影

 神奈川県横須賀市は25日、首都防衛のため明治から昭和期にかけ、東京湾沿岸や洋上に築造された東京湾要塞(ようさい)を構成する国の史跡「千代ケ崎砲台跡」を初めて一般公開した。

 千代ケ崎砲台は1895(明治28)年完成。28センチ榴弾(りゅうだん)砲3砲座6門などの砲台や地下施設、擁壁からなる。小口と長手のレンガを交互に並べる層と、長手のレンガのみを並べる層を段違いに組む「オランダ積み」という技法が使われるなど、近代土木建築技術を知る上で重要とされている。

 旧海軍軍港として日本遺産に認定された同市が、構成する文化財の見学会として企画した。参加者らは砲台の台座やレンガ構造を眺めながら、近代日本の歴史に思いを巡らせていた。【田中義宏】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  4. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  5. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです