メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IWC総会

調査捕鯨の溝深く 豪など反対姿勢強める

 クジラの保護や資源利用を話し合う国際捕鯨委員会(IWC)総会が24日、スロベニア南西部のポルトロジュで5日間の日程で始まった。日本は南極海で2015年末に再開した調査捕鯨について、科学的、法的根拠に基づいて必要性を訴える構え。しかし、オーストラリアやニュージーランドなど反捕鯨国は反発を強めており、議論は紛糾しそうだ。【寺田剛】

 日本は1982年、IWCが肉や油などの販売目的で捕獲する「商業捕鯨」の一時停止を決めたことを受け、…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文904文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 衆院予算委員長「閣僚から不穏当な発言」と注意 茂木経済再生担当相やじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです