メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国大統領

改憲に意欲 再選制導入目指す

 【ソウル米村耕一】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は24日、国会での演説で「任期内の憲法改正をやり遂げるため政府内に組織を設置し、改正案を準備する」と述べ、改憲による大統領の再選制の導入などに取り組む意思を表明した。実現すれば、韓国が民主化した1987年以来となる。

 朴大統領は従来、改憲には消極的な姿勢を示していた。このため、韓国メディアは一斉に「電撃的な提案」と報じている。この時期に提案したのは、政権末期が近づき支持率が3割を切った朴氏が、政治的な主導権を取り戻そうと試みているとの見方が出ている。

 朴大統領は、現憲法で大統領の任期が1期5年に制限されていることについて「政策の連続性に欠け、持続的…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです