メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電通 午後10時に全館消灯 過労自殺受け残業抑制策

一斉に消灯された電通本社ビル=東京都港区で2016年10月24日午後10時、猪飼健史撮影

 広告代理店最大手・電通は24日、新入社員、高橋まつりさん(当時24歳)の過労自殺を受けた残業抑制策として、午後10時に社内全館を一斉消灯した。25日以降も午後10時~翌日午前5時、毎日消灯する。

 関西(大阪市)▽京都(京都市)▽中部(名古屋市)--各支社でも実施した。これまでも夜間に一斉消灯していたが、残業を続ける社員が職場の照明をつけていた。今回、午後10時以降再点灯できないようビルのシステムを変更した。

 48階建ての本社ビル(東京都港区)は午後10時、レストラン街などを除く1~45階の照明が消えた。事前に「速やかに業務を終了して退館する」よう指示が出ていて、午後10時を待たずに帰宅する社員も多かった。電通は「社員の健康維持と法令順守のために労働環境の改善に全力で取り組む」としている。

 また、電通は労使協定で最長70時間に定めていた月間の時間外労働時間の上限を、11月から5時間引き下げて65時間にする。【早川健人】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  2. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
  3. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も
  4. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定
  5. 日馬富士暴行 内容異なる診断書2通 県警提出に骨折なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]