メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/25 「相手を元気にする言葉を使って」 絵本作家の夢ら丘さん、読み聞かせ /香川

児童に話を聞く夢ら丘実果さん=香川県三豊市の市立笠田小学校で、玉木達也撮影

 「相手を傷つける言葉ではなく、元気にする言葉を使って」

 三豊市の市立笠田小学校で先月、開かれた読み聞かせの出前授業。絵本作家の夢(む)ら丘(おか)実果さんは自分が描いた絵本「カーくんと森のなかまたち」を通じ、友だちを思いやる心の大切さを訴えた。いじわるなことを言われたことによる悲劇もあえて話した。

 「私の娘の学校で明るく元気な男の子がいました。それが中学2年の時、悪口を毎日、言われるようないじめに遭い、中学3年の頃には学校に全く来なくなってしまいました」

 その後、彼は大量の睡眠薬で自殺を図り、母親が早く発見したので一命を取り留めたが、いじめによる心の傷…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです