メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第70回読書世論調査

教養から娯楽、実務へ 読み継がれる「定番」作品(その1)

 今年で70回を数える毎日新聞の「読書世論調査」で戦後、日本人の読書の目的が「教養」を得ることから、高度経済成長期に「娯楽」に変わり、現代は実生活に役立つ「実務」志向へと変化してきたことが分かった。調査は戦後間もない1947(昭和22)年に開始。一方で、「読んだことがある」作品を聞いたところ、「坊っちゃん」(夏目漱石)や「アンネの日記」(アンネ・フランク)が上位に挙がり、時代を超えて読み継がれている。【浜田和子、今村茜、大隈慎吾】

この記事は有料記事です。

残り5618文字(全文5835文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]