メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者の自殺

高止まり 悩み、分かち合おう

「若者自殺対策全国ネットワーク」のメンバーと打ち合わせする石井さん=東京都千代田区で、清水健二撮影

 日本の自殺者数が徐々に減っている中で、高止まりしているのが若者の自殺だ。15~39歳の死因のトップは自殺で、20代の10万人当たりの自殺率は10年以上、10人台後半~20人台前半を上下している。自ら命を絶つ同世代を一人でも減らそうと、若者たちが自ら動き出し、同じ目線に立った独自の取り組みを進めている。【清水健二】

この記事は有料記事です。

残り2197文字(全文2355文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです