メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第70回読書世論調査

老若男女「坊っちゃん」がトップぞな 「読んだ」6割

 毎日新聞が7~9月にかけて実施した「第70回読書世論調査」で、過去の調査でよく読まれたり、戦後ベストセラーになったりした21の文芸作品を挙げ、読んだことがあるかを尋ねたところ、最も多かったのは夏目漱石の「坊っちゃん」(61%)だった。2位はアンネ・フランクの「アンネの日記」(38%)で、ともに作品の一部が教科書に採用された作品が上位を占めた。(13~15面に特集)

 年齢別にみると、「坊っちゃん」を読んだことのある人は、最も高い50代で74%。最少の20代でも41…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文608文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 警視庁 コインロッカーに乳児遺棄容疑 25歳女逮捕
  3. 4歳児死亡 殺人容疑で父親逮捕 引き出しに閉じ込め
  4. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  5. 目黒虐待死 被害女児、大学ノートに「反省文」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]