メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

部活動

試合で脳しんとう 顧問が再出場させ後遺症

取材に応じた坂城高校の元生徒の男性(18)=巽賢司撮影

ハンドボール部の元生徒、安全面の知識浸透訴え

 長野県立坂城高校(坂城町)で約2年前、ハンドボール部の試合中に高校2年の男子生徒が脳しんとうや首の神経の損傷を負う事故があり、数分後、男性顧問が生徒を試合に再出場させていたことが分かった。頭部への衝撃が繰り返されれば死に至る場合もあり、専門家は「再出場させるべきではなかった」と指摘。スポーツの現場では指導者の安全面の知識が求められており、今も軽度の障害が残る元生徒の男性(18)は「まだ安全面での意識が浸透していないのでは。指導者には知識を持ってもらいたい」と訴える。【巽賢司、安元久美子】

 坂城高校の事故報告書によると、2014年12月28日、同校の体育館でハンドボール部の練習試合があっ…

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1615文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感
  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです