メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

部活動

試合で脳しんとう 顧問が再出場させ後遺症

取材に応じた坂城高校の元生徒の男性(18)=巽賢司撮影

ハンドボール部の元生徒、安全面の知識浸透訴え

 長野県立坂城高校(坂城町)で約2年前、ハンドボール部の試合中に高校2年の男子生徒が脳しんとうや首の神経の損傷を負う事故があり、数分後、男性顧問が生徒を試合に再出場させていたことが分かった。頭部への衝撃が繰り返されれば死に至る場合もあり、専門家は「再出場させるべきではなかった」と指摘。スポーツの現場では指導者の安全面の知識が求められており、今も軽度の障害が残る元生徒の男性(18)は「まだ安全面での意識が浸透していないのでは。指導者には知識を持ってもらいたい」と訴える。【巽賢司、安元久美子】

 坂城高校の事故報告書によると、2014年12月28日、同校の体育館でハンドボール部の練習試合があっ…

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1615文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. 葉山3人死傷ひき逃げ 懲役11年判決…横浜地裁
  3. 漫画喫茶殺人 フロア内追い回し刺す 名古屋
  4. 訃報 朝丘雪路さん82歳=女優、歌手、舞踊家で活躍
  5. 原爆投下時の映像 長崎きのこ雲の背後に黒煙 各地で空襲

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]