メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

廃棄カツ

卸元従業員、横流し認める 名古屋地裁初公判

 「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄した冷凍ビーフカツが横流しされた事件で、詐欺罪に問われた食品卸会社「ジャパン総研」元従業員、木村正敏被告(76)は26日、名古屋地裁(鵜飼祐充裁判官)の初公判で「間違いございません」と起訴内容を認めた。

 食の安全を揺るがしたこの事件では3人が起訴され、木村被告から公判が始まった。ほかに起訴されたのは、廃棄物処理業者「ダイコー」(同県稲沢市)の会長、大西一幸被告(76)=詐欺罪、食品衛生法違反、廃棄物処理法違反=と食品関連会社「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)の実質経営者、岡田正男被告(79)=詐欺罪、食品衛生法違反。大西被告の初公判は27日、岡田被告は31日に予定されている。

 起訴状によると、木村被告は昨年9~12月、冷凍カツが廃棄物であることを隠し、食品卸売業者に2万30…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文894文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同
  5. 特集ワイド 「ツイッターの妖精引退」宣言した女優、春名風花さん 現実世界に居場所、必ずある

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです