メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙客亭柏琳

江戸後期、相模国磯部村の草双紙戯作者 5代目の荒井徹・功さん兄弟、翻刻全集を刊行 3作品収録 /神奈川

発刊した翻刻全集を手に「供養ができた」と喜ぶ荒井徹さん(左)と弟の荒井功さん

「顕彰と先祖の慰霊に」

 江戸時代後期に相模国磯部村(相模原市南区磯部)に住んだ草双紙の戯作者、仙客亭柏琳(せんかくていはくりん)(本名・荒井金次郎)が著した「花吹雪縁柵(はなふぶきえんのしがらみ)」など3作を現代文に訳した「仙客亭柏琳 翻刻全集」が発刊された。柏琳から5代目に当たる日相印刷(同区麻溝台)の荒井徹会長(77)、荒井功社長(75)の兄弟が「柏琳の顕彰と先祖の慰霊に」と刊行した。【高橋和夫】

 柏琳は磯部村の旧家に生まれた。菩提(ぼだい)寺の過去帳には、1868年1月に71歳で死去したとある…

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1086文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです