メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
仏高速炉

「33年以降に運転」 担当官、日本に共同開発提案

 在日フランス大使館のスニル・フェリックス原子力担当参事官が毎日新聞の書面取材に応じ、フランスで開発を進める次世代高速炉ASTRID(アストリッド)について、日本との協力関係に期待感を示した。運転開始時期については、2033年以降になるとの見通しを明らかにした。

 フェリックス氏はアストリッドの役割について「核燃料サイクルの完遂や放射性廃棄物の少量化に寄与する」と説明。一般の原発の使用済み核燃料から出たプルトニウムを再利用したり、毒性の強い核種を核分裂させて、相…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです