メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏高速炉

「33年以降に運転」 担当官、日本に共同開発提案

 在日フランス大使館のスニル・フェリックス原子力担当参事官が毎日新聞の書面取材に応じ、フランスで開発を進める次世代高速炉ASTRID(アストリッド)について、日本との協力関係に期待感を示した。運転開始時期については、2033年以降になるとの見通しを明らかにした。

 フェリックス氏はアストリッドの役割について「核燃料サイクルの完遂や放射性廃棄物の少量化に寄与する」と説明。一般の原発の使用済み核燃料から出たプルトニウムを再利用したり、毒性の強い核種を核分裂させて、相…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文582文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]