メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三浦九段ソフト使用疑惑 連盟が調査委設置を決定

 将棋棋士の三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを使用した疑惑が浮上し、年内の出場停止処分となった問題で、日本将棋連盟(谷川浩司会長)は27日、第三者調査委員会の設置を決めた。委員長には元検事総長の但木(ただき)敬一弁護士(73)が就任する。

     連盟によると、調査委は三浦九段の対局中の行動を調査し、出場停止処分の妥当性を審議する。委員の人選、調査期間などについては但木弁護士に一任したという。【山村英樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台風21号 列島大雨に 「特別警報」の可能性
    2. 実業団対抗女子駅伝 予選会、きょう号砲 「神宿る島」で新たな歴史を
    3. 衆院選 投票所開設、立会人寝坊で21分遅れ 大阪・高槻
    4. 母娘死亡 予備タイヤ落下か 広島の会社、現場にチェーン
    5. トランプ氏 ケネディ氏暗殺の捜査資料、機密指定解除へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]