メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

三浦九段ソフト使用疑惑 連盟が調査委設置を決定

 将棋棋士の三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを使用した疑惑が浮上し、年内の出場停止処分となった問題で、日本将棋連盟(谷川浩司会長)は27日、第三者調査委員会の設置を決めた。委員長には元検事総長の但木(ただき)敬一弁護士(73)が就任する。

     連盟によると、調査委は三浦九段の対局中の行動を調査し、出場停止処分の妥当性を審議する。委員の人選、調査期間などについては但木弁護士に一任したという。【山村英樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
    2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
    4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
    5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]