メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

アマゾン先住民理解を シーロ・ゲーラ監督

2016年10月29日、日本で初公開されるコロンビア映画「彷徨える河」を監督したコロンビア人、シーロ・ゲーラさん=本人提供、ボゴタ市在住

 コロンビア史上初めて米アカデミー賞外国語映画賞の候補となった「彷徨(さまよ)える河」(2015年、124分)が29日、東京・渋谷のイメージフォーラムで公開された。欧州人の侵略から一人で逃げ続けるアマゾン先住民の孤高を描いた。彼の青、老年期の旅に同行した2人の探検家の目を通し、二つの時代が交錯する。あえて白黒映像にしたのは「緑の深さ、先住民の心のうちを、見る人の想…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです