メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

V6森田剛との熱愛報道後初めて公の場に 交際質問に無言

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」の初日舞台あいさつに登場した宮沢りえさん

 女優の宮沢りえさんが29日、東京都内で行われた主演映画「湯を沸かすほどの熱い愛」(中野量太監督)の初日舞台あいさつに登場した。人気グループ「V6」の森田剛さんとの熱愛が報じられてから初の公の場となった宮沢さんは、退出時に報道陣から「交際は事実なんでしょうか」などと熱愛について質問が飛んだが、無言のままステージを後にした。

 舞台あいさつには宮沢さん、杉咲花さん、オダギリジョーさん、松坂桃李さん、伊東蒼さん、中野監督が出席した。

 映画は「死にゆく母と、残される家族が紡ぎだす愛」をテーマにした感動作。銭湯「幸の湯」を営む幸野家は父が1年前にふらっと出奔(しゅっぽん)し、銭湯は休業状態。母・双葉(宮沢さん)は持ち前の明るさと強さでパートをしながら、娘を育てていたが、ある日、突然「余命わずか」という宣告を受ける。その日から双葉は、絶対にやっておくべきことを決め、実行していく……というストーリー。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今村復興相 「東北でよかった」発言と記者団への一問一答
  2. 今村復興相 記者会見で激高、謝罪
  3. 今村復興相 また質問打ち切り 前回と同じ記者
  4. 社説 今村復興相、暴言で辞任へ 内閣の緩みはすさまじい
  5. クローズアップ2017 今村復興相辞任へ 政権「ゆるみ」深刻 首相、擁護で傷口広げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]