メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米FBI

クリントン氏の「新たなメール発見」 捜査再開

投開票日を控え、大きな打撃に

 【ワシントン西田進一郎】米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は28日、大統領選の民主党ヒラリー・クリントン候補(69)が国務長官時代に私用の電子メールアドレス・サーバーで公務を行っていた問題で、「関連すると思われる」新たなメールが見つかったため捜査を再開したと明らかにした。これらのメールが重要かは「不明」としたが、投開票日を11日後に控えたクリントン氏にとって大きな打撃になりそうだ。

     FBIは7月、メール問題について、クリントン氏や関係者の機密情報の扱いが「極めて不注意だった」と批判したが、意図的に違法行為を行った証拠はないとして訴追には相当しないと発表。これを受け、リンチ司法長官は、訴追を見送り、捜査を終結させるとの声明を出していた。

     しかし、コミー氏は28日に上下両院の8委員長に書簡を送り、メール問題とは別の案件に絡んで「(メール問題の)捜査に関連すると思われる電子メールの存在が分かった」と説明。この中に「機密情報が含まれていたかどうか」を見極めるために、適切な捜査手続きを取るとの見解を示した。新たなメールの内容や「別の案件」が何かについては言及せず、捜査終了までの時間も「予測できない」とした。

     これを受け、共和党のドナルド・トランプ候補(70)は書簡送付が報じられた直後に東部ニューハンプシャー州で演説し、捜査の再開を歓迎。会場から「彼女(クリントン氏)を逮捕しろ」の大合唱が起きる中、「クリントン氏の犯罪組織を大統領執務室に持ち込ませてはいけない」などと非難した。

     一方、クリントン氏は28日夜、アイオワ州で「米国民は完全な事実を速やかに知らされるべきだ」と述べ、速やかな捜査内容や結果の公表をFBIに要求。そのうえで「コミー長官自身が『(新たに見つかった)メールが重要かどうか分からない』と言っている。私は7月に達した(訴追しないという)結論を変えるものではないと確信している」と語った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. シングルマザー 3人に1人「クリスマスなければいい」
    2. 名古屋大 尿検査で5種類のがん発見 早期治療に期待
    3. トーク 妥協なき挑戦積み重ね 2度目の上方漫才大賞 海原やすよ ともこ
    4. 食中毒 校庭の植物で 男児2人、キョウチクトウ食べ 高松 /香川
    5. JR東 京浜東北、東海道、横須賀線ストップ 架線が切断

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]