メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「神のお告げ」で暴言封印 ドゥテルテ氏が宣言

 フィリピンのドゥテルテ大統領は27日、「神のお告げ」により自身が繰り返してきた暴言を封印すると宣言した。日本から帰国後、地元の南部ダバオで報道陣に語った。地元メディアが伝えた。

 ドゥテルテ氏の話によると、日本から帰る機内で空を眺めていたら突然声が聞こえ「悪態をやめなければ今すぐ飛行機を落とす」と警告を受けた。声の主は「神」だったという。ドゥテルテ氏は「私は神に品のない表現を使ったり、悪口を言ったりしないよう約束した。神との約束はフィリピンの人々との約束でもある」と語った。

 ドゥテルテ氏はこれまで、オバマ米大統領を「売春婦の息子」とののしるなど、度重なる暴言が波紋を広げている。【岩佐淳士】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「オタ芸」訴訟 男性の控訴棄却「鑑賞の仕方はさまざま」
  2. 桑原武夫蔵書 遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
  3. 地震動予測地図 関東~四国で高い確率継続…震度6弱以上
  4. 18歳のリスク ローンカード契約 だまされ120万円、即日借金
  5. 無線LAN 「ただ乗り」は無罪 不正アクセスで懲役8年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]