メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

選挙と「不安」の関係 シュテファン・グリューネバルト氏 ドイツの心理学者

 近年のドイツでの選挙を心理学的に見ると、その結果には、有権者が将来に対して抱く「漠然とした不安」が関係しているようだ。

 前回の連邦議会総選挙(2013年)で「不安」は顕在化した。当時は難民流入やテロ事件は独国内ではなく社会は比較的安定したが、テロなどで混乱する周辺国の様子を見ながら、市民は将来についてはどうなるか分からないという不安も抱いていた。そのため、有権者には安定した現状を「理想の今」と考え、その継続を求める気持ちが強かったのではないか。選挙で、こうした心理を追い風にしたのがメルケル首相だ。冒険とは無縁の手堅い政治手腕の首相を人々は「お母さん」という愛称で呼び、安定の象徴と捉えた。結果与党が勝利した。

 だが昨年、首相が難民受け入れを決めると構図は一変した。「我々より難民を優先した」と見た人たちは、裏…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文971文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ
  4. 傷害致死 外国人男性刺され死亡 容疑者逃走か 栃木
  5. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]