メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

老舗の和菓子 楽しい新作

塩瀬総本家が販売しているハロウィーン用の和菓子

 和菓子は企業や高齢者が贈答用に使う古典的なもの。そんなイメージはないだろうか。実は和菓子が復権しつつある。和生菓子の小売金額は3年連続で増加。コンビニエンスストアで手軽に購入できるようになったことが大きいが、老舗の和菓子店が伝統を守りつつ、さらに次世代につなげようとする新しい動きが出ていることも追い風になっている。

 「和菓子の自由な楽しさをもっと現代にひろげたい」。10月中旬、三越日本橋本店(東京都中央区)に全国…

この記事は有料記事です。

残り1630文字(全文1839文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです