メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

太平洋核実験から70年 竹峰誠一郎さん

米国の核実験の現状を追う、明星大准教授の竹峰誠一郎さん 2016年8月16日、東京都日野市内で明珍美紀撮影

 今年は米国による太平洋核実験(1946年)から70年の節目。「米国の核開発の母体となったマーシャル諸島との関係性は問われることなく日本の平和が語られてきた」と指摘するのは明星大学の竹峰誠一郎准教授(39)だ。

 「平時になぜ核の被害に」。学生時代から通い続ける太平洋のマーシャル諸島は第一次世界大戦が始まった1914年に日本の海軍が占領し、長く…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです