メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

太平洋核実験から70年 竹峰誠一郎さん

米国の核実験の現状を追う、明星大准教授の竹峰誠一郎さん 2016年8月16日、東京都日野市内で明珍美紀撮影

 今年は米国による太平洋核実験(1946年)から70年の節目。「米国の核開発の母体となったマーシャル諸島との関係性は問われることなく日本の平和が語られてきた」と指摘するのは明星大学の竹峰誠一郎准教授(39)だ。

 「平時になぜ核の被害に」。学生時代から通い続ける太平洋のマーシャル諸島は第一次世界大戦が始まった1914年に日本の海軍が占領し、長く…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです