メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’16記者リポート

北前船 日本遺産認定目指す 敦賀市、観光資源PRに期待 /福井

有力船主・右近家が使用していた北前船のモニュメント=福井県南越前町河野で、近藤諭撮影

 江戸時代から明治にかけて日本海回りの海運で活躍した北前船(きたまえぶね)ゆかりの敦賀市や石川県加賀市など11道府県の26自治体が、文化庁が2015年度に始めた日本遺産への認定を目指して準備を進めている。敦賀以北の11自治体が来年2月に先行して申請し、同4月にも認定の見通しだ。敦賀市の担当者は「観光資源をPRする格好の機会」と期待している。【近藤諭】

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1183文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです