メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江酒蔵巡り

隠れたる「宝庫」をゆく/25 笑四季酒造 規格外の着想、ファン魅了 /滋賀

日本酒離れしたラベルのデザイン。奥のボトルは肩が高く、ボルドータイプのワインを想起させる=滋賀県甲賀市水口町本町の笑四季酒造で、山本直撮影

 「ここ2、3年は八方美人に徹し、誰にも文句を言われないような酒を造りました。まず資金をためないと好きな米も買えないですから。ようやく造りたい酒のスタートラインに立ったところです」

 笑四季(えみしき)酒造の5代目蔵元で醸造責任者の竹島充修(あつのり)さん(36)は語る。独自製法の貴醸酒(きじょうしゅ)、日本酒の概念を超えたネーミングやデザイン、そして純米や伝統的な山廃・生〓(きもと)へのこだわり--。一気にファンの心をつかみ、9年前に60石だった製造量を約8倍に激増させた。竹島さんの強い自己顕示欲がどんな形で表現されるのか、毎年注目を集めている。

 新潟県柏崎市出身。東京農業大で醸造学を学び、2002年に銘酒「越(こし)の誉(ほまれ)」で知られる…

この記事は有料記事です。

残り1436文字(全文1762文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]