メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・子育て・親子

英語教育ブーム/下 オンラインで垣根低く

敬老の日のカードを作りながらも会話が尽きない莉々子ちゃん(左)とミユキ先生(中央)=東京都渋谷区で

 2020年度から小学5~6年で英語が教科化するのを前に、小学生向けの英語教育が活況だ。共働きの増加で英語教育のスタイルも多様化。オンライン英会話の進化で垣根が低くなり、教育現場も変わりつつある。

 「Hello!」

 ある晩、東京都渋谷区の一軒家を訪ねると、元気いっぱいの声が迎えてくれた。岩田莉々子ちゃん(8)と琴莉ちゃん(5)の姉妹と一緒にいるのは、バイリンガル家庭教師「お迎えシスター」のミユキ先生(25)。両親の代わりに保育園まで迎えに来て、自宅で一緒に夕食を食べながら英語を教えてくれる。

 「何食べたい?」「今日の給食は何食べたの?」。会話は、すべて英語だ。ダンスが大好きという莉々子ちゃ…

この記事は有料記事です。

残り1671文字(全文1969文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです