メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住宅の設備で火災多発…08年3月~今年7月

消費者庁まとめ

 住宅に設置された太陽光発電システムから発火・発煙した事故が2008年3月から今年7月までに102件起きていたことが31日、消費者庁のまとめで明らかになった。同庁の消費者安全調査委員会(消費者事故調)は、施工や保守点検の仕組みなどに問題があるとみて調査を始めた。

 住宅向けの太陽光発電システムは、太陽光エネルギーを電気に変換する太陽電池モジュールを屋根に設置し、発生した電気を家庭で使えるように変換するもの。業界団体などの調査によると、11年3月の東日本大震災を機に普及が早まり、昨年12月までに累計で193万2729件が導入された。事故も11年以降に84件と急増している。

 事故のうち原因が推定されたものは58件。施工不良が31件と最多で、製品の不具合は20件あった。負傷者はいなかったが、11年には屋根と一体になった太陽電池モジュールから発火し、住宅2棟が焼ける火災が千葉県内であった。

 消費者事故調は「再生可能エネルギーが注目を集める中で、太陽光発電システムは今後も導入が増える」と分析。設置から間もない時期に事故が頻発しているため、システムだけでなく関連工事、設置後のメンテナンスのあり方に問題がないか調べる。【鳴海崇】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮里藍引退会見 「昨夏ごろ決意」モチベーション維持困難
  2. 痴漢 身に覚えがない場合…逃げるは損だし罪になる
  3. 鉄道事故 痴漢疑い、はねられ死亡 線路に飛び降り 横浜・青葉台駅
  4. 風知草 陸に落ちたら…=山田孝男
  5. 痴漢 疑われ逃走、ビルの脇で死亡 男性転落か 東京・上野

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]