メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スターリン大粛清

80年、ロシアで追悼式

スターリンの大粛清犠牲者の名前を一人一人読み上げて追悼する市民。奥の建物は、旧ソ連国家保安委員会(KGB)の本部で現・連邦保安庁(FSB)本部ビル=モスクワで2016年10月29日、杉尾直哉撮影

 【モスクワ杉尾直哉】旧ソ連の独裁者スターリンによる大粛清の犠牲者を追悼する式典が10月29日、モスクワ中心部ルビャンカの連邦保安庁(FSB)前の広場で開かれた。80年前の1936年ごろに当局に逮捕され、銃殺された元政治犯の遺族らが犠牲者の名前、年齢、職業を一人一人読み上げて追悼した。

 スターリンについては、ロシアでは戦後70年を迎えた昨年ごろから「ナチズムと日本の軍国主義を粉砕した指導者」との評価が高まっている。だが、名前を読むマイクの前には市民数百人の長蛇の列ができ、…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです