メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/26 「葬儀に子どもの姿が少なくなった」 「死」を考える機会減り /香川

「葬儀に参加する子どもが少なくなった」と話す夛田さん=高松市内で、玉木達也撮影

 「最近、葬儀の場に子どもが少なくなった。死を身近に感じる機会が減っている」

 認定NPO法人「グリーフワークかがわ」副理事長で、葬祭業の会社で代表取締役を務める夛田(ただ)敏恭さん(54)は、とても気がかりだという。

 グリーフとは、悲嘆や喪失感という意味。同法人は親しい人と死別した人が、孤独感や絶望感に支配されないよう、グループで対話する場などを作っている。夛田さんは9月5日、香川県庁で開かれた「県自殺対策連絡協議会」に出席し、「悩みを人に伝えていい」という環境作りが大切と訴えていた。

 いろんな種類の喪失感がある中、大切な人の「死」が一番、乗り越えるのが難しい。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文708文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです