メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発信箱

易学と疫学=高野聡

 長女が小学生の頃、散らかった部屋を注意したら「遺伝だから」と言い返された。どこでそんな知恵を仕入れてきたのか、と噴き出してしまった。「遺伝」という言葉には、8歳児の心すら捉えてしまう、有無を言わせない説得力があるようだ。糖尿病やがんなど病気のかかりやすさを遺伝子で調べる検査ビジネスが盛んになるのもわかる気がする。

 2013年、女優アンジェリーナ・ジョリーさんに乳がん・卵巣がんのリスクの高い遺伝子の異常が見つかり…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文690文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新潟女性遺体 不明の知人男性か 遺体を発見
  4. RSウイルス感染症 流行始まる 乳幼児、早めに受診を
  5. 大阪都構想 総合庁舎の建設費2倍? 不足分新設と比べ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです