メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイル.com

(89)電気を待つアレッポ

 「電気のある生活を忘れてしまった」「冷暖房はもう長いこと使っていない」。内戦下のシリア北部アレッポの住民たちの言葉だ。アレッポは過去3年間、慢性的な停電に悩まされてきた。政府側と反体制派の激戦が続く今も、双方の支配地域で厳しい電力事情が続いている。

 アレッポでは2012年夏に内戦が本格化し、政府側と反体制派が街を二分してきた。電力の大半は約30キロ東にある発電所から供給されていたが、過激派組織「イスラム国」(IS)の前身組織が13年に発電所を制圧した。ISは電力設備を実効支配地域に移設したり、密売したりするために発電所を解体し、電力供給は途絶えた。

 政府は反体制派と交渉し、南方のハマから予備の供給網を通じて電力を供給するよう働きかけた。アレッポの…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文874文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです