メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奥羽・羽越新幹線

世論喚起、事業方針に 庄内地区、実現同盟会に変更 /山形

 フル規格新幹線の羽越線直通運転を目指す庄内地区期成同盟会(会長・榎本政規鶴岡市長)は2日、三川町の「なの花ホール」で臨時総会を開いた。会の名称を「山形県庄内地区羽越新幹線整備実現同盟会」に変更するとともに、新幹線整備の必要性を広く認識させるため世論の喚起を新たな事業方針に加えることを了承した。

 奥羽、羽越両新幹線の早期実現を目的に今年5月、県と市町村、経済界などが一体となった同盟会を設立。6月に米沢市で、9月には秋田県で同様の組織ができた。今月11日には新潟、山形、秋田3…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです