メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法公布70年

改憲へ安倍自民執念 日本会議が地ならし(その1)

 日本国憲法は3日、1946年の公布から70年の節目を迎えた。国会では改憲に前向きな党派が衆参両院で3分の2を超す議席を持ち、国民に発議する環境は整っている。最後に決めるのは「国民投票における国民の1票」という安倍晋三首相の言葉を待つまでもなく、私たちがそれぞれに憲法観を問われるのは、そう遠い将来のことではない。

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文1616文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  4. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです