メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法公布70年

改憲へ安倍自民執念 日本会議が地ならし(その1)

 日本国憲法は3日、1946年の公布から70年の節目を迎えた。国会では改憲に前向きな党派が衆参両院で3分の2を超す議席を持ち、国民に発議する環境は整っている。最後に決めるのは「国民投票における国民の1票」という安倍晋三首相の言葉を待つまでもなく、私たちがそれぞれに憲法観を問われるのは、そう遠い将来のことではない。

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文1616文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです