メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法公布70年

改憲へ安倍自民執念 日本会議が地ならし(その1)

 日本国憲法は3日、1946年の公布から70年の節目を迎えた。国会では改憲に前向きな党派が衆参両院で3分の2を超す議席を持ち、国民に発議する環境は整っている。最後に決めるのは「国民投票における国民の1票」という安倍晋三首相の言葉を待つまでもなく、私たちがそれぞれに憲法観を問われるのは、そう遠い将来のことではない。

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文1616文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです