メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法公布70年

改憲へ安倍自民執念 日本会議が地ならし 南部義典・元慶応大講師(憲法)の話

賛否、全国で議員討論を

 有権者の関心を高めるにはどうしたらいいか。国民投票法に詳しい南部義典元慶応大講師(憲法)に聞いた。

 --国民投票の結果が正当性を得るには何が必要ですか。

 ◆投票率が低くても憲法改正が実現してしまう可能性はある。しかし、最低投票率を導入すると、投票の不成立を狙って改正反対派によるボイコット運動が起きるだろう。反対票を増やすより、不成立に追い込む方が楽だから。

 むしろ法定得票率を検討すべきだ。例えば「実際の投票で賛成が過半数を占め、なおかつ有権者全体の4割が…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文821文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです