メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本実業団対抗駅伝

Honda5位、八千代工業9位 /埼玉

5位でゴールし、悔しそうな表情を見せるHondaの佐野広明選手=熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で、橋本政明撮影

 第57回東日本実業団対抗駅伝競走大会(東日本実業団陸上競技連盟主催、毎日新聞社など後援)が3日、さいたま市の県庁から熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場までのコースで開催された。男子26チームが出場し、県勢はHonda(狭山市)が5位、八千代工業(同)が9位に入り、来年1月1日に群馬県で開かれる第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)への出場権(上位14チームまで)を獲得した。【橋本政明、奥山はるな、三股智子、中山信】

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1150文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]