メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本実業団対抗駅伝

Honda5位、八千代工業9位 /埼玉

5位でゴールし、悔しそうな表情を見せるHondaの佐野広明選手=熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で、橋本政明撮影

 第57回東日本実業団対抗駅伝競走大会(東日本実業団陸上競技連盟主催、毎日新聞社など後援)が3日、さいたま市の県庁から熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場までのコースで開催された。男子26チームが出場し、県勢はHonda(狭山市)が5位、八千代工業(同)が9位に入り、来年1月1日に群馬県で開かれる第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)への出場権(上位14チームまで)を獲得した。【橋本政明、奥山はるな、三股智子、中山信】

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1150文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. 日大チア 監督「退部許さぬ」 女子部員「自殺考えた」
  4. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  5. 夏の高校野球 準決勝見どころ 実力十分の大阪桐蔭と済美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです