メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フリアコ

外国人客に人気 働いて宿泊タダ、摘発困惑 業者「違法と知らず」

 札幌市中央区の宿泊施設で、外国人観光客に働いてもらう代わりに無料で宿泊させた経営者が罰金命令を受けた事件で、国内の他の施設には「違法と知らなかった」と戸惑いが広がっている。宿泊代が免除される仕組みは世界中の長期滞在バックパッカーらが使う「フリーアコモデーション」(フリアコ)と呼ばれるスタイルだが、識者からは「施設や旅行者にルールを周知すべきだ」との指摘が出ている。【日下部元美】

 国内でもフリアコを迎えるゲストハウスなどは多く、インターネットサイトに「住み込みスタッフ募集」など…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1000文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです