メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フリアコ

外国人客に人気 働いて宿泊タダ、摘発困惑 業者「違法と知らず」

 札幌市中央区の宿泊施設で、外国人観光客に働いてもらう代わりに無料で宿泊させた経営者が罰金命令を受けた事件で、国内の他の施設には「違法と知らなかった」と戸惑いが広がっている。宿泊代が免除される仕組みは世界中の長期滞在バックパッカーらが使う「フリーアコモデーション」(フリアコ)と呼ばれるスタイルだが、識者からは「施設や旅行者にルールを周知すべきだ」との指摘が出ている。【日下部元美】

 国内でもフリアコを迎えるゲストハウスなどは多く、インターネットサイトに「住み込みスタッフ募集」など…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1000文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問
  5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです