メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京国際映画祭

東京グランプリにクラウス監督作品…閉幕

ARIGATO賞を受賞し記念撮影に応じる(左から)新海誠監督、妻夫木聡さん、高畑充希さん、山内章弘さん、ゴジラ=東京都港区で2016年11月3日、西本勝撮影

 第29回東京国際映画祭のクロージングセレモニーが3日、東京・六本木で開かれた。世界から16作品が出品されたコンペティション部門の最高賞「東京グランプリ」には、ナチズムの加害者と被害者を祖父母に持つ男女の触れ合いを描いた「ブルーム・オヴ・イエスタディ」(クリス・クラウス監督/ドイツ・オーストリア合作)が選ばれた。クラウス監督は「この作品をつくることは容易なことではなかったけれど、本当に感動しています」と喜びを語った。

 次点の審査委員特別賞には北欧に住むサーミ族の少女を描いた「サーミ・ブラッド」(アマンダ・ケンネル監…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文737文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  3. 3分遅刻の結果は5時間中断 桜田氏「心から深くおわび」 衆院予算委
  4. 「とても驚いた」「ぎょっと…」夜間の大揺れに厚真町民 北海道地震
  5. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです