メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

喫煙で遺伝子変異増加…長く多く吸う人ほど蓄積

たばこを多く、長く吸う人ほど遺伝子に突然変異が起きることが分かった

がん研究センターなど発表

 世界約5000人のがん患者の遺伝子データを解析し、たばこを多く、長く吸う人ほど遺伝子に突然変異が起きることが分かったとの研究成果を、国立がん研究センターや理化学研究所など日米英韓の研究チームが、4日付の米科学誌サイエンスに発表した。細胞ががん化する原因とされる遺伝子の突然変異が、たばこの化学物質によって誘発されることが明らかになった。

 チームは、17種類のがん患者5243人を対象に、たばこを吸う人と吸わない人で遺伝子に違いがあるかを解析。その結果、肺、喉頭、口腔(こうくう)、膀胱(ぼうこう)、肝臓、腎臓のがんは、喫煙者の方が遺伝子の突然変異が多かった。最も多い肺がんでは、毎日1箱(20本)を1年間吸うと150個の突然変異が蓄積すると推計された。

 詳しく調べると、肺、喉頭、肝臓のがんは、たばこの化学物質が突然変異を直接起こし、咽頭(いんとう)、口腔、食道、膀胱、腎臓のがんも、直接ではないものの喫煙が突然変異を誘発していた。通常、遺伝子の突然変異は自然に修復されるため、大量に蓄積することはない。【野田武】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院選 投票したら替え玉無料 「一風堂」が「選挙割」
  2. 中国道 路上タイヤに乗り上げ 死亡親子の車とトレーラー
  3. 東急 田園都市線、停電で一部運転見合わせ
  4. 希望の党 小池氏、排除発言で弁明「傷つけるつもりない」
  5. 窃盗未遂容疑 新幹線グリーン車内でスリを現行犯逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]