メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 来年元日の第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝、群馬)の予選を兼ねた第57回東日本実業団対抗駅伝競走大会(東日本実業団陸上競技連盟主催、毎日新聞社など後援)は3日、さいたま市の埼玉県庁から熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場までの7区間77.5キロに26チームが出場して争われた。日清食品グループが3時間47分45秒で5年ぶり6回目の優勝。前年13位だったカネボウが2位に入った。DeNAは2年連続の3位。上位14チームが全日本大会の出場権を獲得した。NDソフトが14位に滑り込み、全日本初出場を決めた。

     昨年3秒差で全日本出場を逃したNDソフトが今年は2秒差で出場切符を勝ち取った。チームは2014年に公務員ランナーで全日本に出場して話題を呼んだ南陽市役所(山形県)の監督と主力の一部が移籍して昨春に創設。「自分のペースで走ることを心がけた」というアンカーの小針が冷静な走りで接戦を制した。高嶋哲監督は「出場が決まってうれしい」と喜んだ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首相 止まらぬ朝日「口撃」 間違い、哀れ…持論展開
    2. AV問題 被害者や引退女優ら対象の作品削除窓口を開設
    3. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚
    4. 米軍機タンク投棄 漁船まで200m 漁すべて中止 青森
    5. 安倍首相 止まらぬ朝日「口撃」 「森友」巡り、国会答弁で5回 橋場義之・元上智大教授、政治評論家・森田実さんの話

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]