メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 来年元日の第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝、群馬)の予選を兼ねた第57回東日本実業団対抗駅伝競走大会(東日本実業団陸上競技連盟主催、毎日新聞社など後援)は3日、さいたま市の埼玉県庁から熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場までの7区間77.5キロに26チームが出場して争われた。日清食品グループが3時間47分45秒で5年ぶり6回目の優勝。前年13位だったカネボウが2位に入った。DeNAは2年連続の3位。上位14チームが全日本大会の出場権を獲得した。NDソフトが14位に滑り込み、全日本初出場を決めた。

     昨年3秒差で全日本出場を逃したNDソフトが今年は2秒差で出場切符を勝ち取った。チームは2014年に公務員ランナーで全日本に出場して話題を呼んだ南陽市役所(山形県)の監督と主力の一部が移籍して昨春に創設。「自分のペースで走ることを心がけた」というアンカーの小針が冷静な走りで接戦を制した。高嶋哲監督は「出場が決まってうれしい」と喜んだ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 下村元文科相党支部 政治資金で自著購入 1900冊分
    2. FRESH CAMPUS CONTEST 2017 名古屋外大の大脇有紗さんが“日本一可愛い新入生”に
    3. 寝屋川4乳児遺棄 「捨てられなかった」20年以上隠す
    4. コンビニ ミニストップが全店舗で成人誌の販売を中止へ
    5. 高校野球 大宮工などが対外試合禁止 日本学生野球協会

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]