メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本実業団対抗駅伝

名門復活の兆し…カネボウ

2位でフィニッシュするカネボウの7区・松藤=埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で2016年11月3日、猪飼健史撮影

 来年元日の第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝、群馬)の予選を兼ねた第57回東日本実業団対抗駅伝競走大会(東日本実業団陸上競技連盟主催、毎日新聞社など後援)は3日、さいたま市の埼玉県庁から熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場までの7区間77.5キロに26チームが出場して争われた。日清食品グループが3時間47分45秒で5年ぶり6回目の優勝。前年13位だったカネボウが2位に入った。DeNAは2年連続の3位。上位14チームが全日本大会の出場権を獲得した。NDソフトが14位に滑り込み、全日本初出場を決めた。

     昨年13位のカネボウが2位に入り、全日本4度優勝の名門復活を印象づけた。今年からケニア生まれで日大出身のムイバキトニーが加入し、外国人選手12人が走った3区で区間4位と健闘した。過去2年、日本人選手で大きく遅れていた区間を6位でつないだことで躍進した。4区の大西は区間3位と好走して「無理に追いつこうとしなくていいので、楽に走れた」と振り返った。6区の代田も「前で来たので、流れに乗れた」と区間賞を獲得した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 多治見病院 点滴チューブ外れ失血死 70代女性 岐阜
    2. ORICON NEWS 大槻ケンヂ「朝7時、ダムに集合」に衝撃 東映特撮の洗礼受ける
    3. ゆるキャラ 360体、埼玉に集結 米・独からも参加
    4. プロ野球 カープ優勝パレード ファン「感動ありがとう」
    5. 山本幸三氏 アフリカ支援に「何であんな黒いのが好きか」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]