メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「鉄人」衣笠祥雄さん死去 広島で活躍 71歳
東日本実業団対抗駅伝

名門復活の兆し…カネボウ

2位でフィニッシュするカネボウの7区・松藤=埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で2016年11月3日、猪飼健史撮影

 来年元日の第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝、群馬)の予選を兼ねた第57回東日本実業団対抗駅伝競走大会(東日本実業団陸上競技連盟主催、毎日新聞社など後援)は3日、さいたま市の埼玉県庁から熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場までの7区間77.5キロに26チームが出場して争われた。日清食品グループが3時間47分45秒で5年ぶり6回目の優勝。前年13位だったカネボウが2位に入った。DeNAは2年連続の3位。上位14チームが全日本大会の出場権を獲得した。NDソフトが14位に滑り込み、全日本初出場を決めた。

     昨年13位のカネボウが2位に入り、全日本4度優勝の名門復活を印象づけた。今年からケニア生まれで日大出身のムイバキトニーが加入し、外国人選手12人が走った3区で区間4位と健闘した。過去2年、日本人選手で大きく遅れていた区間を6位でつないだことで躍進した。4区の大西は区間3位と好走して「無理に追いつこうとしなくていいので、楽に走れた」と振り返った。6区の代田も「前で来たので、流れに乗れた」と区間賞を獲得した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
    2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
    3. セクハラ疑惑 財務次官の辞任承認 退職金の支払いは保留
    4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ/空き家1000軒/果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]