メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本実業団対抗駅伝

山の神、デビュー…コニカミノルタ

ラストスパートするコニカミノルタの2区・神野(中央)=埼玉県鴻巣市で2016年11月3日、猪飼健史撮影

 来年元日の第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝、群馬)の予選を兼ねた第57回東日本実業団対抗駅伝競走大会(東日本実業団陸上競技連盟主催、毎日新聞社など後援)は3日、さいたま市の埼玉県庁から熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場までの7区間77.5キロに26チームが出場して争われた。日清食品グループが3時間47分45秒で5年ぶり6回目の優勝。前年13位だったカネボウが2位に入った。DeNAは2年連続の3位。上位14チームが全日本大会の出場権を獲得した。NDソフトが14位に滑り込み、全日本初出場を決めた。

     箱根駅伝で青山学院大を2連覇に導いたコニカミノルタの神野が実業団駅伝デビューを果たした。エース区間2区を担い、トップと8秒差の5位でたすきを受けると、1キロ付近で追いついた。最大9人のトップ集団の中、何度も仕掛けたが抜け出せず。トップと3秒差の2番手でたすきを渡し、「いい結果と言えないけれど、力は付いている」と話した。箱根駅伝では山上り5区の活躍で「山の神」と呼ばれた神野は「上りだけじゃないとアピール? ちょっとできた」とほほ笑んだ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で
    4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]