メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ジオパーク

「三笠」認定 市長「記念すべき日」 とかち鹿追は保留 /北海道

幾春別地区にある石炭層が露出している高さ約20メートルの断崖=三笠市役所提供

 日本ジオパーク委員会は24日、貴重な地形や地質が残る自然公園「日本ジオパーク」に、「三笠」を認定した。北海道

三笠市幾春別地区の石炭層が露出している断崖や、かつて石炭が採掘された幌内地区など市内全域が対象で、道内では「アポイ岳」(様似町)と「白滝」(遠軽町)に次いで3カ所目。

 鹿追町の然別湖周辺の「とかち鹿追」は保留となった。世界ジオパークを目指していた「アポイ岳」は申請が見送られた…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです