メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マハラジャ

20年ぶり復活…名古屋に10日

ディスコ「マハラジャ」を復活させる玉木邦甫さん=名古屋市中区で2016年11月4日、木葉健二撮影

バブル象徴のディスコ…「お立ち台」も

 バブル時代に一世を風靡(ふうび)した高級ディスコ「マハラジャ」が、名古屋市で10日、20年ぶりに復活する。1980年代の最盛期をイメージした豪華な内装で、名古屋が発祥とされる一段高いダンスステージ「お立ち台」も再現する。バブル世代だけでなく、障害者や子ども連れの女性が気兼ねなく入店できる仕組みも設ける予定で、スタッフたちは「多くの人が音楽を楽しめる、新たな名古屋の観光名所にしたい」と意気込んでいる。【山口朋辰】

 復活を手掛けるのは、マハラジャ1号店から店舗開発責任者などとして運営に関わってきた、名古屋市中区の…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1181文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです