メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生前退位

公的行為を精査へ 有識者会議、負担に注目

天皇陛下の活動の分類

 政府は4日、天皇陛下の生前退位に関する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)の第2回会合(10月27日)の議事概要を首相官邸のホームページで公表した。陛下の公務のうち、憲法に規定がない「公的行為」について、「どこまで必要なのか」との指摘があった。7日から始まる専門家へのヒアリングでも天皇の公務の在り方が焦点の一つとなる。

 憲法は、天皇が内閣の助言と承認に基づいて行う「国事行為」として、国会の指名に基づく首相の任命(6条…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです