メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テトリス

開発者らが語る思い出と次のゲーム

「テトリミノ」のクッションを手に笑顔を見せるテトリス開発者のアレクセイ・パジトノフさん(右)と、共同でゲームの権利を所有するヘンク・ブラウアー・ロジャースさん=東京都港区の電通で2016年11月1日午後2時1分、大村健一撮影

 旧ソ連(現ロシア)発祥で、今も世界的な人気を誇るパズルゲーム「テトリス」。開発者のアレクセイ・パジトノフさん(61)がこのほど来日し、「ザ・テトリス・カンパニー」を創業しテトリスの権利をパジトノフさんと共同所有するヘンク・ブラウアー・ロジャースさん(62)とともに、毎日新聞の取材に応じた。2人は、ゲーム制作時の思い出や、最新のテクノロジーを使った新たなテトリスの展望について語った。【大村健一/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り2080文字(全文2290文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです