メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第三者委委員に永井氏と奈良氏

 将棋棋士の三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを使用した疑惑が浮上し、年内の出場停止処分になった問題で、日本将棋連盟は4日、第三者調査委員会(委員長・但木敬一弁護士)の委員に、元大阪高裁長官の永井敏雄弁護士と元第一東京弁護士会会長の奈良道博弁護士の2人が選任されたと発表した。

     この日、初会合が開かれた。今後、三浦九段の対局中の行動を調査し、出場停止処分の妥当性を審議する。【山村英樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 巨人・山口俊投手 病院警備員への傷害容疑などで書類送検
    2. 人種差別 「ナチス」旗でJ1応援 痛み想像する力の欠如
    3. 夏の高校野球 九州対決は延長サヨナラ 明豊8年ぶり8強
    4. 山口市 県庁所在地で最後のスタバ、オープン
    5. 巨人 山口俊投手が謝罪 今季出場停止、罰金、減俸の処分

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]