メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学新テスト

記述式、難度別2種類 文科省案を提示

 大学入試センター試験に代えて2020年度に始める新テストの国語の記述式問題について、文部科学省は4日、難易度の異なる2種類の問題を出題する案を国立大学協会に示した。

 難易度が高い問題は受験生が出願する大学側が採点し、低い問題は入試センターがA、B、Cなどと段階評価して結果を大学に提供し、大学が評価に活用する。どちらを選ぶかは大学に委ねる。試験はマークシート式と併せ、現行のセンター試験と同じ1月に実施する方針。

 新テストは思考力や表現力を測るため、国語と数学で新たに記述式問題が出題される。

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1187文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. ORICON NEWS ZOZO前澤社長「お騒がせ」な一年に平謝り 剛力彩芽と交際、月周回計画など

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです