メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリ協定発効

「1.5度」目標に誓い NGOがイベント

 地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」が発効したのを受け、東京都渋谷区の国連大学前では4日夕、NGOのメンバーらが発効を祝うイベントを開いた。

     パリ協定は、産業革命前からの気温上昇を2度未満、できれば1.5度に抑えるよう努力するとしている。約30人の参加者は消費電力の少ないLED(発光ダイオード)電球を使った電飾で「ACT FOR 1.5℃(1.5度を目指し行動しよう)」の文字を浮かび上がらせ、再生可能エネルギーの導入推進や省エネを訴えた。

     主催した国際NGO「350・orgジャパン」の棚尾真理絵さん(28)は「日本の批准遅れは残念だが、1.5度目標に具体的に取り組む姿勢を見せてほしい」と話した。【久野華代】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
    2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
    3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    4. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
    5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです