メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

1966年 選挙報道の自由確認 問題候補を実名批判

「黒い霧」候補の選挙ルポを報じた毎日新聞の1967年1月24日朝刊(東京本社版)

 「きびしかった批判もなんのその、堂々とまかり通る“おらが先生”たち」。半世紀前の1967年1月24日朝刊で、毎日新聞は衆院選の候補者3人の選挙運動を痛烈に皮肉った。運輸相時代に選挙区に急行停車駅を作らせた人、防衛庁長官時代に空自機で地元入りした人……。3人は職務に絡んだ利益誘導や公私混同から政界の「黒い霧」といわれた問題を起こし、閣僚や議長を退いたばかりだった。投開票日5日前の3人の選挙区ルポはほかの候補は一切登場させず、「どう出る批判票」と見出しを付けた。

 日本新聞協会の「三十年史」はこのときの選挙報道について「候補者の扱いに軽重の差をはっきり打ち出し、…

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1424文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  4. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  5. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]