メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

いじめ把握、アンケート有効 昨年度全国認知22万件の51.4%

 2015年度に全国の学校が認知した約22万件のいじめのほぼ半数は、学校が児童生徒に実施したアンケートをきっかけに把握されていたことが文部科学省が発表した問題行動調査で分かった。ただ、アンケートも質問の仕方によって子供が答えにくい場合があり万能ではない。一部の学校や自治体では、いじめを受けるなどした場合にすぐに連絡してもらおうと、携帯電話やスマートフォンで通報できる民間業者のサービスを導入するところも出ている。

 文科省の調査によると、15年度1年間に国公私立の小中高校と特別支援学校で認知したいじめは22万45…

この記事は有料記事です。

残り2516文字(全文2773文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. 国民民主 岡田氏は不参加 衆院野党、第1党は困難
  4. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  5. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]