メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶらり・ぎふ散歩

モネの池(関市板取) ブームで観光地活性化 /岐阜

モネの池を訪れる多くの観光客=関市板取で

 フランスの画家、クロード・モネの作品「睡蓮(すいれん)」に似ていることからその名が付いた。今や観光スポットとして人気の場所を訪ねた。

 岐阜市中心部から車で1時間。関市役所洞戸事務所(同市洞戸市場)から国道256号を15分ほど走ると、目指す場所があった。近くの駐車場には、観光バスや県外ナンバーの車が目立ち、小雨が降るあいにくの空模様にもかかわらず、傘をさしながら写真を撮る多くの人の姿があった。透き通った池の中ではコイが数匹泳ぎ、まさに絵画の世界に引き込まれたよう。時間がたつのも忘れて“鑑賞”を楽しんだ。

 1年ほど前からインターネットの動画などをきっかけに人気に火がついた。市によると、昨年9月~今年9月…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです